最強の引き寄せ!予祝!やってみたよ!口角上げていこう!(^-^)

2020年10月08日

村上春樹 訳 空飛ぶ猫!!


10月8日空飛ぶ猫


ニャンコさんの羽、小さかったかな?

これじゃ高く飛べないかな?




今日の本題は空飛び猫ではなく

翻訳家の方です。





村上春樹さんは日本でも世界でも人気のある作家さんです。

彼は小説を書くかたわら、

英語の小説の翻訳もされています。





曰く、日本語の小説を書くことと

英語の翻訳をすることは、交互にするのが

精神的にはバランスがいいんだそうです。

きっと使う脳細胞が違うのかなあ。





空飛び猫









私は活字を読むのがけっこう苦手です。

本も時間をかけて読みます。

そんな苦手意識のあるジャンルですが

村上春樹のだけは、デビュー当時の昔から

さらさらすらりと読めていました。







いわゆる ハルキスト とかじゃありませんが
(全作品、読んでるけど)


彼の書く物語には私の大好きな 

不思議 がいっぱい詰まっています。





彼は執筆するときに、自分のココロの奥底に降りて行って

見えた景色を書くんだそうです。

だから体力がないと、その奥底から

現実の世界に戻ってこられないんだそうで、

毎日マラソンや水泳をされているんだとか。



(人のココロと身体は色んな意味で

つながっていると最近よくよく

感じることがあります。)







物語の中に、たくさんの井戸や地下室が出てくるのは

きっとそのためでしょうね。



そしてそのココロの奥底の景色というのは

世界中の人々に

『まさに私の世界だ!!』

と言わしめています。



住んでいる環境やコトバ、習慣にかかわらず

ココロの奥底の景色は、共通したものが

あるんでしょうね。




村上作品の数多くを翻訳されている
ジェイルービン博士のコメントです

     




ルービン先生のお気に入り。
すごくワクワクして読みました!

     

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド - books used and new, flower works : blackbird books  ブラックバードブックス






村上作品の魅力の一つは語り口調なんですが

なんともいえない沢山の比喩も


毎作品の楽しみです。





彼の軽妙な文章は

先に英語で書いてから日本語にもどすころから

生まれるのかとも考えます。


(すべてではないかもですが)



英訳されても、その内容が海外の読者に

ストレートに伝わるのはそのためかもしれません。




世界中の大きな本屋には

村上春樹のコーナーがあるといいます。

見てみたいな~!








今日もご覧いただきありがとうございます。
ブログのランキングに参加しております。
一日一回ポチポチしていただけると、励みになります。

       




人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今日も皆さまが自分を大切に楽しく過ごされますように!




otenki315 at 22:46│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ささ   2020年10月09日 09:27
5 コンタムさん
こんにちは。おふくさんがコンタムさんをみんなに知ってもらいたいと思う気持ちの理由が少し想像できたような気になりました。控えめな印象のコンタムさんと対照的な面もあるおふくさんが姉妹のような間柄に思えることがあります。
村上作品から響いてくるもの、私も沢山あります。
2. Posted by コンタム   2020年11月12日 13:00
さささ~ん!
お返事が一か月も遅れてすみません。
まだ誰にもコメント頂けてなかったので、すっかり油断しておりました。
ブログ見て頂けてうれしいです。
ありがとうございました。
ZOOMでは、何を発言したものかと戸惑い気味です。(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
最強の引き寄せ!予祝!やってみたよ!口角上げていこう!(^-^)